物流ドットコム
物流業界の総合情報サイト運送会社・荷主・ドライバー必見
  1. 物流ドットコムトップ
  2. 物流と運送の基礎知識
  3. トラックドライバー(運転手)の法定休憩時間と拘束時間・連続運転時間

トラックドライバー(運転手)の法定休憩時間と拘束時間・連続運転時間

トラックのドライバーには拘束時間と連続で運転できる時間に制限が設けられています。

雇い主である運送会社は法定の時間を越えて拘束したり、運転させることはできません。

拘束時間と休息期間

拘束時間というのは始業から終業までの時間です。たとえ休憩をしていたとしても管理者の支配下にある時間は拘束時間とされます。

1日(始業時刻から24時間)の拘束時間は13時間が基本です。これを超える場合でも16時間までが限度となります。

1日の拘束時間を原則13時間から延長する場合であっても、15時間を超える回数は1週間につき2回が限度です。

また1日の拘束時間を合計して一ヶ月に293時間までが限度となります。

ただし、毎月の拘束時間の限度を定める書面による労使協定を締結した場合には、1年のうち6ヶ月までは、1年間の拘束時間が3516時間(293時間×12)を超えない範囲内において、1ヶ月の拘束時間を320時間まで延長できます。


休息期間というのは勤務から次の勤務までの時間を言います。運転手にとって完全に自由な時間です。(休憩時間とは異なりますので注意してください)

休息時間は1日に継続して8時間以上与えなければなりません。

このほかにも拘束時間と休息時間については例外が細かく分かれています。

連続運転時間の限度

ドライバーはトラックを連続して運転できる時間にも制限があります。

1日の運転時間は2日間を平均して9時間が限度となっています。

運転開始後4時間以内又は4時間経過直後に運転を中断して30分以上の休憩をとらなければなりません。

ただし、運転開始後4時間以内又は4時間経過直後に運転を中断する場合の休憩等については、少なくとも1回につき10分以上としたうえで分割することも可能です。


↑ PAGE TOP