物流ドットコム
物流業界の総合情報サイト運送会社・荷主・ドライバー必見
  1. 物流ドットコムトップ
  2. 物流と運送の基礎知識
  3. トラックの頭についている3つのランプの意味とは?なぜ速度表示灯の設置義務がなくなったのか?

トラックの頭についている3つのランプの意味とは?なぜ速度表示灯の設置義務がなくなったのか?

正面から見ると屋根の上に3つのランプがついているトラックを見たことがある人もいると思います。

あのランプは「速度表示灯」といって大型貨物自動車(車両総重量が8トン以上又は最大積載量が5トン以上)には必ず設置しなければならないという義務が過去にありました。(道路運送車両法第3章「道路運送車両の保安基準」48条)

ただし現在はスピードリミッターの設置義務がありますので、速度表示灯の設置義務は廃止されています。

中型、小型のトラックにつては設置の義務はありませんでしたが、取り付けることを禁止する決まりもありませんでしたのでつけているトラックもありました。

ランプの点灯個数で速度がわかる

ランプが何個光っているかによってどれくらいのスピードが出ているのかということを歩行者や対向車に知らせることができます。

停車時は点灯しません。時速40km以下で1個、40km超~60km以下で2個、60km超で3個のランプが点等することとなっていました。

低速で走行している場合は点灯しない場合もありますが時速20kmを超えたら必ず点灯する仕様にしなければならない決まりがありました。

灯光の色は黄緑色と決められていた

速度表示灯は前方100mの距離から点灯している灯火の数を確認できるもので、灯光の色は黄緑色と決められていました。

トラックは大きいためスピードを出していてもゆっくり走っているように見えることがあります。

横断歩道を渡る際などに目測を誤り「行けるだろう」と判断して飛び出すと非常に危険ですので注意しましょう。

というか本来、横断歩道を渡ろうとしている歩行者がいたら車両が止まるべきですが・・・

なぜ設置義務がなくなったのか?

速度表示灯は日本独自のルールでした。そのため国内メーカーのトラックであれば最初から設置されていますが、ボルボやメルセデスなどの輸入車に至っては後から設置する手間がありました。

また速度表示灯が何を表しているのか一般のドライバーや歩行者に認知されていないということもありました。

これらの理由から1999年の法律改正により設置義務が廃止されました。

設置を禁止しているわけではありませんので現在の新しいトラックでも設置している車両はあります。

ランプの色についても黄緑以外に様々な色のものが設置されています。


↑ PAGE TOP