物流ドットコム
物流業界の総合情報サイト運送会社・荷主・ドライバー必見
  1. 物流ドットコムトップ
  2. 物流と運送の基礎知識
  3. トラック運賃の算出方法・原価の計算式

トラック運賃の算出方法・原価の計算式

これから運送会社に運送依頼をしたい荷主や、新しい運賃体系を決めようと思っている運送会社の担当者のために、運賃の決め方について説明します。

運送会社の原価計算方法についてはページの後半のほうで説明します。

トラック運賃の基本的な決定方法

トラックの運賃は主に以下の3パターンで決まります。

地域間ごとの運賃表(タリフ)

「東京から大阪間は10万円ですよ」と言ったように各区間ごとに運賃タリフを設定

運送距離 × 単価

1kmあたりの単価を設定しておいたそれに実際の運送距離を掛ける算出方法

運送時間 × 単価

1時間あたりの単価を設定しておきそれに実際の時間を掛ける算出方法。基本料の最低価格は決まっていることが多い。


あくまで運送会社が荷主に対して提示する運賃の計算式です。

トラック運賃の計算式

上記の方法だとなぜその単価に決まったのか?ということが分かりにくいので運賃の内訳を原価から計算する方法を考えてみたいと思います。

先に計算式を書くと以下の通りです。あくまで運送会社が最低これだけは欲しいと思う金額です。


(運送距離÷燃費)×軽油代 + 日数×2万円 = 原価
原価 × 1.1~1.2 =運賃
※主要幹線道路を外れる場合はプラス1万円前後


この計算式についてもっと詳しく説明したいと思います。運賃の中で最も大きな比率を占めるのが人件費で3割から4割を占めます。次が燃料代で2割前後です。

例えば4tトラックの場合であれば1リッターあたり4kmほど走りますので、運送距離を4kmで割ります。

走行距離が500kmであれば125リッターの軽油が必要になります。軽油が100円なら12500円です。

これに1日あたりの必要経費をプラスするのです。

必要経費の内訳はドライバー、事務員の給与、保険代、事務所経費、車両修繕費、車両償却費などです。

これらを全てあわせると約2万円前後になります。

そして最後に利益として10%~20%をのせたものが運賃となります。

今回の例でいえば4tトラックで500km(東京-大阪など)を走行する場合、最低でも35,750円~39,000円は貰わないと採算は合わないということになります。

また仙台→東京→名古屋→大阪→福岡という主要都市を外れるルートの場合、帰りの運送依頼が掛かり難いため、1万円ほど上乗せされる場合があります。

運送仲介(利用運送業者)が入ると割高

以上はあくまで実運送会社に直接依頼した場合の運賃です。

間に仲介業者(貨物運送取扱事業者)が入った場合は約3割ずつ運賃が上がると考えてください。

たとえば運賃が40,000円の場合間に3社入るだけで倍以上になります。
実運送会社:40,000円
仲介会社1:52,000円
仲介会社2:67,600円
仲介会社3:87,800円
実際に物流業界では孫請、ひ孫請は珍しいことではありません。

運賃計算の際の注意点

ここまで運賃の計算方法について説明しましたがそのほかに以下の事項も考慮しておく必要があります。

・保有車両台数によってトラック1台あたりの間接費の負担割合は変わる

・トラックの稼動率によっても1台が稼がなければならない利益は変わる

・軽油代の変動幅は大きく、毎月変わる。契約しているスタンドでもそれほど安くは売ってくれない

・積荷の重さによっても燃費は変わる

・積込時、荷降時に長期の待機が発生する場合は割り増しされる


↑ PAGE TOP