物流の基礎知識

中型トラックとは?中型車との違いを説明できますか?

中型トラックと中型車は同じものとして考える人もいますが、運送業界での使われ方は微妙に異なります。 簡単に説明すると中型トラックというのはトラックメーカーの基準に沿った言葉です。 そして中型車というのは道路交通法という法律や高速道路の料金...
物流の基礎知識

3PLとサプライチェーンマネジメントの違いを分かりやすく説明します

3PLとサプライチェーンマネジメント(SCM)は全くの別物ですが、違う業界の人や、就職活動中の学生の中には違いが分からないという人もいるようです。 なので今回はこの2つの違いについて説明します。 簡単にいうと3PLとは1つの企業の物流部...
物流の基礎知識

3PL(スリーピーエル、さんピーエル)とは?分かりやすい解説

3PLとは「Third Party Logistics」の略で「スリーピーエル」「さんピーエル」などと読みます。 日本語に直訳すると「第三者による物流」という意味になります。 この場合の第三者というのは「荷主」と「物流企業」の間に介在す...
物流の基礎知識

トラックの荷台形状ごとの割合(ウイング、平ボディ、ユニック、重機回送)

トラックはその用途によって荷台の形状が大きく異なります。 よく見かけるのはアルミの箱で荷台が覆われたウイング車で、運送会社が保有するトラックの約4割を占めています。 その他の車両は以下のようになっています。 ウイング車:52万台(40...
物流の基礎知識

全国のトラックの台数と割合(大型車、中型車、トン数別)

全国のトラックの台数は調査によっても異なりますが、2014年のデータでは軽自動車を抜かすと約1000万台と言われています。 この中で4t車以上のトラックは約180万台と言われています。ここ10年でそれほど大きくは変化していません。 この...
物流の基礎知識

輸送手段別の物流シェア・分担率(トラック、船舶、鉄道、航空)

物流業界でシェアを比べるときは会社別の場合は売上高(つまり金額)を参考にします。 しかし輸送手段ごとのシェア(分担率)を比べる場合には積荷のトン数(=トンベース)とそれに輸送距離を掛けたもの(=トンキロベース)の2つの数値を使うことが一般...
物流の基礎知識

物流業界の市場規模(シェア)と内訳

国土交通省のデータによると2015年の物流業界の市場規模は約24兆円です。(外国への輸送含む。旅客は含まない) 日本の全産業の市場規模をあわせると約500兆円ですので物流業界だけで5%を占めているいることがわかります。 過去10年間でみ...
交通ルール・罰則

オービスに撮影されても顔を隠したり、横向きなら捕まらない?

オービスに撮られても覆面をしていたり、正面ではなく横を向いていたら捕まらない、という噂がありますが、そんなことはありません。 サングラスをしていても無駄 よく言われるのがサングラスをしていれば本人と断定できないので証拠不十分では?ということ...
交通ルール・罰則

オービス撮影されて呼び出しを無視するとどうなるか?

オービス(自動速度違反取締装置)は一般道と高速道路では撮影基準となるスピードオーバーの値が異なるといわれていますが、どちらも一発で免停(6点)となる場合に撮影されます。 撮影されると一週間から一ヶ月ほどで自宅に呼び出しの通知(行政処分呼出...
交通ルール・罰則

NシステムやTシステムはスピード違反の取締りに利用されているのか?

オービスと同じように車両を撮影するシステムとしてNシステムとTシステムというものがあります。 これらのシステムによって撮影されたものがスピード違反の取締りに利用されることはあるのでしょうか? 結論からいうとありません。NシステムとTシス...
物流の基礎知識

物流業界の従業者数の内訳とトラックドライバー人手不足

物流業界に従事する人の数は約170万人です。(旅客は含まない) 日本国内の労働者数の総計は6300万人ですので物流業界だけで3%を占めていることになります。内訳は以下の通りになります。 物流業界の従業者数 トラック運送144万人 ...
交通ルール・罰則

交通違反の青キップ(交通反則告知書)の指紋は登録保管されるのか?

刑事手続をするまでもないと判断された交通違反については反則金を支払うことで処理が終了するものがあります。 その際に警察から渡されるのが交通反則告知書です。いわゆる青キップというものです。 この青キップは警察官が必要事項を記入したあとにド...
タイトルとURLをコピーしました